東京・神奈川・千葉の葬祭・葬儀・葬式は花で彩るお葬式の「とむらび」
  • 24時間365日対応
  • 0120-974-806
東京・神奈川・千葉の
葬祭・葬儀・葬式は
花で彩るお葬式の「とむらび」
  • 危篤・ご搬送など お急ぎの方はこちら
  • 一冊で全てわかる 資料請求はこちら

葬儀の流れ

葬儀というとお通夜や告別式、火葬の流れを思い浮かべる方が多いと思いますが、実はそれだけではありません。
短い時間の中でご遺族がやらなければいけないことは、他にもたくさんあります。
万が一のときに慌てず対応ができるよう、一般的な葬儀の流れやご遺族がやるべきことを頭に入れ、心構えをしておくと安心です。

01

事前準備

故人を悔いなく送るためには、葬儀の事前準備はとても大切です。慌ただしい中の準備となりますが、やるべきことをしっかり押さえ、わからないことは何でも私ども葬儀社にお尋ねください。

  • 危篤

    突然の危篤の連絡には誰しも慌ててしまうもの。一度落ち着いて冷静になり、まずは近親者や親しい友人へ連絡します。危篤の連絡は一刻を争うため、夜中であっても構いません。一般的には、「危篤を迎えている方の3親等までのご親族」には連絡するべきと言われています。

  • ご逝去

    ご逝去を迎えたあと、まずご遺族がやらなければいけないことは、末期の水を取る、死亡診断書・死亡届の受け取り、臨終を知らせるべき関係者への連絡、病院への支払いなどがあります。

  • 葬儀社手配

    故人のご遺体は病室から病院内の霊安室へと移されますが、霊安室には数時間ほどしかいられないため、ご遺体を安置できる場所に搬送する必要があります。そのためご逝去後はできるだけ早く葬儀社に連絡し、搬送について相談をしましょう。

  • ご遺体安置

    ご逝去から葬儀までの間、決められた場所に故人のご遺体を保管しておくのがご遺体安置です。一般的には葬儀社が、ご自宅や葬儀社・民間業者の安置所に寝台車で搬送します。

  • 葬式お打ち合わせ

    葬儀社が決まりご遺体安置が終わったら、葬儀社の担当者と葬式の打ち合わせに入ります。まずは一般葬や家族葬など葬儀形態を決め、ご宗教の確認、場所と日程、喪主、葬儀プランなど、故人の遺言やご遺族の意向をふまえて決めていきます。

  • 葬式準備

    葬式前にやるべき準備として、打ち合わせと並行して死亡届の提出、遺影写真の準備、弔辞の依頼などがあります。喪主を中心にご遺族・ご親族で協力して行いましょう。

02

葬儀までの運び

プランや内容が決まり準備が整いましたら、葬式がはじまります。

  • 湯かんの儀・納棺

    葬儀の前には、故人が参列者と最後のお別れをするために、故人の身なりを整え、棺に納めてから送り出す「湯かんの儀」という儀式を行います。お身体を清拭し、お化粧やお着替えを施します。

  • お通夜

    葬式の1日目に行われるお通夜は、多くの方が故人とお別れに来てくださる儀式です。
    近年は、夕方18時〜19時ころから2時間ほど行われ、ご親族だけでなく縁のあった方々が集まり、故人を弔います。

  • 葬儀・告別式

    故人との最後のお別れが葬儀・告別式です。
    仏式の場合、読経の中で宗教者が引導を渡すことで故人は現世に別れを告げ、迷いなく仏様のもとへ導かれます(宗旨宗派により異なります)。参列者は焼香を行い、最後の別れとなります。

  • 火葬

    故人と最後のお別れをしたあとは、火葬場へと移動します。そして炉の前で「納めの儀」を行い、棺を火葬炉に納めます。火葬後は、遺骨を骨壷に入れる「拾骨」を行います。

03

葬儀後

初七日法要・精進落しを行います。

  • 初七日法要

    初七日法要とは、故人の命日から7日目に行う法要ですが、近年では葬儀と同じ日に初七日法要を行うことが増えています。故人が極楽に行けるよう、読経し成仏を願います。

  • 精進落し

    初七日法要のあとは、精進落しです。葬式でお世話になった宗教者や参列者などをもてなします。ご遺族は下座に座り、最上座には宗教者に座っていただきます。宗教者が参加できない場合は、お布施としてお配膳料をお包みしましょう。

  • 散会

    精進落しをもって、葬式は散会となります。
    喪主は最後に散会の挨拶をし、感謝の気持ちを述べましょう。

04

ご帰宅

葬儀が無事に終わり、ホッとすると体の疲れを実感するかもしれません。休めるときにゆっくり休んでください。
葬式後も、やらなくてはいけない手続きは残っています。事前に確認し、見落としのないよう気をつけましょう。

※地域慣習の違いにより、
葬儀の流れが一部異なる場合がございます。