東京・神奈川・千葉の葬祭・葬儀・葬式は花で彩るお葬式の「とむらび」
  • 24時間365日対応
  • 0120-974-806
東京・神奈川・千葉の
葬祭・葬儀・葬式は
花で彩るお葬式の「とむらび」
  • 危篤・ご搬送など お急ぎの方はこちら
  • 一冊で全てわかる 資料請求はこちら

新着情報

2022年1月14日(金)

  • 神道(神式)の葬儀

金光教の葬儀

金光教の葬儀

終祭

臨終に際しては特に定めがありません。通夜に相当するのが「終祭」です。終祭は「人生最後の儀式であり、祭主死者に代わって、神に死者の障害のお礼を申し上げ、以後の立ち行きを願うもので、いわば、死者を神に取り次ぐ儀式」と規定されています。御霊となっても神のおかげを受けなければならず、生も死も全ての神の働きの中でのことであり、御霊は神の許へ帰一するのだから、神前に柩を安置して終祭を執り行います。

 

1.着座

 

2.拝礼【一同が拝礼(一拝・忍手四拍手・一拝)する】

 

3.天地賛仰詞奉唱(てんちさんぎょうしほうしょう)【先唱者に続いて俯仰するに蒼天高く澄み壌地厚く展けたりで始まる天地賛仰詞と唱える】

 

4.祭主告詞奏上【一同敬礼する。柩に向かい奏上する】

 

5.霊璽奉遷【一同敬礼。消灯し祭主は柩前のロウソク一対に点火する。祭主は2回霊神唱詞を奉唱。次に祭主は柩前の霊璽を神前に進め、親善のロウソク一対に点火。この間、先唱役は警蹕をかける。祭主は着座し一拝する。敬礼していた参列者は直る。点火し祭主は複座する。賛者は玉串案を新たに設ける】

 

6.祭主終祭詞奏上【一同敬礼】

 

7.祭主玉串奉奠【祭員は共に拝礼。賛は玉串案を設ける】

 

8.喪主喪婦玉串奉奠

 

9.遺族親族玉串奉奠

 

10.新霊神拝詞奉唱【先唱者に続いて「あなあわれ いとおしきかもにいみたま」で始まる新霊神拝詞を唱える】

 

11.会葬者玉串奉奠【会葬者は順に玉串奉奠を行う。賛者は玉串案を進める】

 

12拝礼

 

13.退下(たいげ)

 

告別式

「火葬を前に、遺族親族だけでなく、広く友人知人、地域社会、職場など縁のある人々が故人の死を悼み慣れ親しんだ生前の姿に別れを告げる儀式」と位置付けられています。終祭と異なる主な点は霊璽奉遷がないことと、喪主喪婦玉串奉奠の後に弔辞が加わる点です。

お問い合わせ・資料請求の方はこちら

詳しく知りたい方、ホームページはこちら

相談だけでも承ります。電話はこちら👇クリック

とむらび

東京都・神奈川県・千葉県

葬祭・葬儀は24時間受付 365日対応


花で彩るお葬式の「とむらび」

東京サロン:葛飾区新小岩で事前相談も可能

【地元、葛飾区新小岩の方は特におすすめ】

新小岩駅から徒歩10分(車で5分)Google Maps

 

 

神奈川サロン:川崎市宮前区有馬で事前相談も可能

【地元、川崎市宮前区の方は特におすすめ】

鷺沼駅から徒歩10分(車で5分)Google Maps

 

 

家族葬、一般葬、一日葬、直葬、安置、大型葬、社葬

など様々な形のお葬式をご提案いたします。


専門スタッフが葬儀のこと、費用や価格について、

近くの斎場など疑問・質問を承っております。


ご家族のご希望に応じ、それぞれのご事情にあった

お別れの仕方や、最適なプランのご葬儀を

専門スタッフがご提案させていただきます。

新着情報一覧